KICOLA BLOG

モビリティNEWS

2024.3.11

サステナビリティの先駆け!水素車で新時代のゴミ収集へ

 福岡市は8日、水素燃料電池(FC)を搭載したごみ収集車の
利用を始めると発表しました。

FCごみ収集車を導入することで二酸化炭素(CO2)排出量の
削減を目指すとともに、夜間にごみを回収する際の騒音低減にもつなげるとの事です。

福岡市は、FCを搭載した救急車の実証実験も始めると
同日に発表しており、脱炭素社会に向けた取組みが積極的ですね。

出典:日本経済新聞(2024年3月8日付記事)
URL:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC084A70Y4A300C2000000/